【ママレポ】親子の読書時間<番外編①>『はじまりの日』子どもを想う全てのパパ・ママに読んでほしい一冊!

親子の読書時間

『はじまりの日』

ボブ・ディラン 作

ポール・ロジャース 絵 / アーサー・ビナード 訳

岩崎書店

 

3月・4月は

卒園・卒業、入園・入学、進級・・・

1年の中でも

子どもの成長を大きく感じる時期ではないでしょうか?

 

これからやってくる春休みも

我が子と過ごす時間が多くなる分

我が子の成長を目の当たりにすることが

多々あるかもしれません。

 

 

「オギャー」

と、産声を上げたあの頃は

「健康に育ってほしい」

「元気に毎日を送ってほしい」

ただただそれだけを思っていた日々でしたが

・・・

入園して

入学して

大きくなればなるほど

「ああなってほしい!」

「こうあってほしい!」

と、期待にも似た思いが強くなってしまうのは

親なら仕方のないことなのでしょうかね?

それもすべて

愛しい我が子への愛情故なのかしら~(^_-)-☆

 

 

愛しい我が子

 

 

そんな子どもへの

愛や希望や夢や願いがたっぷり詰まった絵本がこの

『はじまりの日』

1日1日が

子どもにとって

新しくて輝かしくて希望に満ち溢れた

「はじまりの日」なのです!

 

 

はじまりの日

 

 

『はじまりの日』

この絵本は、

ボブ・ディランが愛する息子のために作った

「Forever Young」という曲の歌詞を、

アメリカ生まれの日本語の詩人、アーサー・ビナードが

日本語訳したものです。

 

 

多くを語らない言葉の中に

子どもへの愛をめいっぱい感じてしまい

私は読むたびに涙がぐっと込み上げてくる

そんな絵本です。

 

 

手元に置いて

親であるパパとママに

時折読んでほしい一冊。

愛おしい我が子にも

心を込めて読んであげてほしい一冊。

いつか我が子が親になった時

その時にも読んでほしい、そんな一冊。

名作です!

 

 

親のための絵本

 

 

親のための絵本とも言えるかもしれません(^^♪

絵本とともに、充実した子育てライフを!

 

 

 

 

 

今回ご紹介した絵本は

『はじまりの日』

ボブ・ディラン 作

ポール・ロジャース 絵 / アーサー・ビナード 訳

岩崎書店

 

 

でした。

 

ボブ・ディラン

ユダヤ系アメリカ人のミュージシャン。

「風に吹かれて」「時代は変る」「ミスター・タンブリン・マン」

「ライク・ア・ローリング・ストーン」「見張塔からずっと」「天国への扉」他

多数の楽曲により、1962年のレコードデビュー以来

半世紀以上にわたり多大なる影響を人々に与えてきた。

グラミー賞やアカデミー賞をはじめ

数々の賞を受賞し、ロックの殿堂入りも果たしている。

2012年に大統領自由勲章を受章。

2008年にはピューリッツァー賞特別賞を、

2016年には歌手としては初めてノーベル文学賞を受賞している。

(Wikipediaより抜粋)

 

 

 

■■■■■過去レポもぜひご覧ください■■■■■

◆大人が読んでも面白い絵本♪

◎同じ言葉なのに面白い 『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』

◎これぞスカッと絵本!村娘の知恵圧巻です!!『1つぶのおこめ』

 

◆子どもの成長を感じさせてくれる絵本♪

◎卒園・進級・お誕生日にも 『おおきくなるっていうことは』

 

 

稲田理恵スマイルママコミュニティー編集部

投稿者プロフィール

自分の“好き”を生活に取り込み、毎日明るく楽しく過ごすことがモットー。アンテナ高く張り巡らせて、お得でHAPPYな生活を目指しています。
やんちゃな二人の男の子のママ。年齢に負けない、好奇心いっぱいの、自称パワフルマミーです♡
◇さいたま市「親の学習ファシリテーター」取得。
◇小学校では「読み聞かせ」ボランティアをしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る