【ママレポ】親子の読書時間★第3回『おおきくなるっていうことは』卒園・進級、お誕生日にも最適♪

おおきくなるっていうことは

中川 ひろたか  文 / 村上 康成  絵

童心社


 

おおきくなるって、どんなこと?

 

体が大きくなること・・

心が成長すること・・

出来ることが増えていくこと・・

 

「おおきくなるっていうことは・・・」

「おおきくなるっていうことは・・・」

テンポよく繰り返され

ページをめくるたびに子どもたちも

うん♡ うん♡

と頷きながら聞いてくれる

そんな絵本です。

 

 

 

 

子どもの「出来る」ことが

ひとつひとつ増えていくと

親の子育ては少しラクになりますが

それがちょっと寂しく感じてしまう時もありますね。。

 

去年着ていた洋服がもう今年は着られないなんて・・

子どもの成長のはやさに驚きや喜びを感じつつも

ちょっとした淋しさも付きまといます。。

 

はやく大きくなって!

と思いつつも

このカワイイ時期のままでいて!

とも思ってしまう。。

 

子どもが大きくなるっていうことは

そういうことなのかしら。。。

時々

自分ってワガママだなって思ってみたり(苦笑)

 

 

 

 

卒園児や進級時に

“おめでとう”の気持ちと共に

読んであげて欲しい一冊です。

ひとつ年を重ねるお誕生日にも

良いかもしれませんね♪

 

 

 

 

 

 

お子さまの成長を喜んであげながら

読んでほしい一冊。

絵本とともに、充実した子育てライフを!

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介した絵本は

おおきくなるっていうことは

中川 ひろたか  文 / 村上 康成  絵

童心社

 

 

でした。

 

 

中川ひろたか

埼玉県さいたま市出身。

絵本ライター、シンガーソングライター。

1976年4月に千早子どもの家保育園にて保育士としての活動を始める。

当時、児童福祉法上保育園で保育をすることが認められたのは

女性に限られており、書類上は用務員だった。

1977年の法律改正により男性も保母試験が受けられるようになり、

同年10月に保母資格を取得。

日本で最初に保母資格を有した男性となった。

『ないた』(金の星社/絵・長新太) ※第10回日本絵本賞大賞受賞

『さつまのおいも』(童心社/絵・村上康成)

など、作品多数。

(Wikipediaより抜粋)

 

 

こちらからもご購入いただけます!
おおきくなるっていうことは

 

 

稲田理恵

稲田理恵スマイルママコミュニティー編集部

投稿者プロフィール

自分の“好き”を生活に取り込み、毎日明るく楽しく過ごすことがモットー。アンテナ高く張り巡らせて、お得でHAPPYな生活を目指しています。
やんちゃな二人の男の子のママ。年齢に負けない、好奇心いっぱいの、自称パワフルマミーです♡
◇さいたま市「親の学習ファシリテーター」取得。
◇小学校では「読み聞かせ」ボランティアをしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る