Kids Dream Project は子どもたちの「将来の夢」へのきっかけ作りを行うプロジェクトです

KDPロゴbySmilemamacom_s

子どもたちの「将来の夢」へのきっかけ作り
それが、Kids Dream Projectです。

2013年7月にママのゴールデンタイムを応援するママコミュニティ「スマイルママコム」から発足した「Kids Dream Project」。「大人から子どもへのプレゼント」というコンセプトのもと、Kids Dream Projectにご賛同いただいた地域、教育機関、企業、生産者等のKids Dream サポーターとともに、それぞれの知識とリソースを持ち寄って、子どもたちに「幅広い体験、経験の場」を企画運営している「協賛型プロジェクト」です。

プロジェクトの一環として、「親子の絆」を深め、「親の知識力UP」を目指すフリーペーパー「Kids Dream Edu」を発行しています。
親子のお出かけをしたくなるような「お出かけ情報」や、親子で楽しめるノート「親子コミュニケーションノート」、そして、子どもたちに地元を誇りに思っていただけるような埼玉の魅力をピックアップした連載「Saitamaの魅力発見」など、全員子育てママで制作している「ママが本当に欲しい情報」が掲載されたフリーペーパーです。

Facebookにて活動の様子をタイムリーにお届けしています!

 

開 催 実 績

2013年~ 親子でファーム体験 *毎月開催
親子で一緒に苗から育てる農業体験です。1年を通じて開催し、収穫の喜びを夏と秋の収穫祭で作物をいただきながら、分かち合います。家族で「作物を植える・耕す・育てる」という目的に向かって一緒に協働作業することで、「親子の絆」が深まります。

親子でファーム体験,Kids Dream Project2015.5.17親子でファーム体験 - 2

************************

 

2017年1月10日 「Kids Dream Project×埼玉大学4年生」保護者と学生の意見交換会
「先生、保護者との関係悩まないで!」という想いから、フリーペーパーKids Dream Eduのママ編集メンバーがこれから先生になる埼玉大学4年生と意見交換会を開催しました。学生のうちに、保護者に聞きたい事を聞いておくことで、実際に先生となった時、役立つことがあるのでは? 保護者との関係がより良くなるのでは?という想いから開催となりました。実際にこれから先生になる学生さんは色々な質問を抱いていました。埼玉大学の野村先生からは「またぜひ、継続してやっていきましょう」とのお言葉をいただき、継続をしていく方向となりました。

 

************************

2016年8月26日・28日 「スマイル親子時間」in イオンモール与野 

「夏休みの親子応援企画!」として、開催したのが、「スマイル親子時間」
フリーペーパーKids Dream Eduのイベントとして、職業体験や親子で楽しめるワークショップ、Kids Dream Eduご協賛企業さんによるブースなど、約1,000名の方にご参加いただきました!

スマイル親子時間、イオンモール与野,親子イベント,スマイルママコム スマイル親子時間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

2014年11月22日~24日 埼玉大学STEM教育センター×KDP マチヅクリアート

開催バナー.png

 

 

 

 

 

 

************************

2014年10月18日・19日 「ハロウィンイベント」in イオンモール戸田

KDPハロウィン戸田************************

2013年11月17日 さいたま市協働イベント「親子で体験アートフェスタ」in 大宮ソニックシティ

アートフェスタバナー最終.jpg

************************

2013年7月31日 夏休み!プロから学ぼう!お仕事体験フェスタ2013 Summer

7月31日お仕事イベントバナー.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
芳川ユミ

芳川ユミスマイルママコミュニティ編集長

投稿者プロフィール

スマイルママコミュニティ編集長。株式会社スマイルママコム代表。
小学生と幼稚園児2人のママ。第1子出産後、慣れない土地での孤独な子育てを経験。専業主婦を経て、子育て雑誌編集部にて仕事を始める。先輩ママや取材を通じ「子育て」の意味の深さを感じるようになる。その後フリーライターを経て第2子妊娠中の2010年にママ団体「スマイルママコム」を設立。2014年法人化。人生の幸せバランスを考える「ハッピーライフバランス」を提唱中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る