代表挨拶

ママの笑顔の輪を広げたい!
ママの笑顔は「家族の幸せ」
そして「日本全体の幸せ」とつながります

スマイルママコム代表芳川ユミ

スマイルママコムは、2010年6月に子ども達が同じ幼稚園に通っていたママ同士3人で「スマイルマミーズ」としてスタートいたしました。

それぞれ、ウェブデザイナー、翻訳家、フリーライターとしてフリーランスで働いていましたが、
「子育て中のママ達に笑顔を応援したい!」
ということで意気投合し、活動をスタートいたしました。

その時、私と現在もスマイルママコムのデザイナーである菊地は妊娠中。
大きいお腹を抱えながら、幼稚園バスを送り次第、朝の8時半から近所のファミレスに集合し、「いつかは団体からママ達、そして社会にも役立てるビジネスにしよう!」という大きな夢を抱きながら、まずはママ支援として出来ることを考えていました。

そして、まずは私達自身が受講してみたいと思うママ向け・親子向け講座を、その頃はまだ珍しかった託児付き、子連れ可能で開催してみたらどうだろう? ということになりました。最初は知り合いのママ友が来てくれていたのですが、1講座1講座少しずつ開催と経験を重ね、次第にママ友でないママ達にご参加いただけるようになってきました。会員数は10人から20人、20人から30人、そして次第に100人、200人と増えてきました。

フリーペーパーやウェブサイトがあったら、なかなか講座まで足を運べないママ達にもお役立ち情報をお届けできるのでは、との思いから、2014年にはフリーペーパー「Smilemama Life」単発で発行、そして2015年には「Kids Dream Edu」を創刊しました。
スマホ率が高くなり、ウェブサイトは欠かせない、とスマホ対応のサイトに2014年に作り替えました。サイトはママ達の知りたい情報が満載で、サイト上のママコミュニティと言う願いを込めて「スマイルママコミュニティ」と名づけました。

6年間で、たくさんのママやパパ、親子にご参加いただき、現在、会員数約2,700人さいたま市最大級のママコミュニティ「スマイルママコム」へと成長いたしました。

2子妊娠中から始めたこの活動ですが好きなことをするのは下の子が幼稚園に入るまでと決めていました。そんな中、2013年はさいたま市長との意見交換を開催し、多くのママ達の意見を市長にお届けできたり、2014年にはジャポニカ学習帳で
お馴染みのショウワノート様との親子商品開発を開催し、スマイルママコムのグループインタビューでまとめた親子の意見が、ノートの表紙に選ばれたりしました。

この活動を「仕事」と正直なかなか言えなかった私でしたが、段々と「仕事」という意識が芽生え、「おあそび!」と言っていた夫や実家の両親たちも協力的になってきました。

現在、スマイルママコムを通じ、社会とママ・親子が繋がったことを感じることができ、喜びを感じています。

スマイルママコムの規模は大きくなりますが、原点は、今も変わらず
「ママの笑顔を応援!」ということ。​

ママの笑顔で、家庭や子どもが明るく、そして、日本が元気になります!

私自身が期限としていた下の子の幼稚園入園時には、「仕事」としてのお話を頂けるようになり、その次の年の2014年11月には創立当初の目標であった法人を設立をいたしました。

とにかく、仕事のモットーはママ-スマイルママコム-企業(社会)にとってWIN-WIN-WIN​​​​​​​​​​であること。

そして「正直に」「心から」です。

ママと社会を繋ぎ、企業とママの両者にとってメリットとなる内容でコラボ企画を行っていきたいと思っております。

これからもどんどん進化していきたいと思います!

どうぞよろしくお願いいたします!

スマイルママコム代表
       芳川ユミ


スマイルママコム代表
芳川ユミ

11歳と5歳の姉弟のママ。米国の大学を卒業後、テーマパークに就職。
結婚し、第一子出産後、慣れない土地での孤独な子育てを経験。
専業主婦を2年間経て、第一子が2歳の時に子育て雑誌編集部にて
編集・ライターの仕事を始める。先輩ママや取材を通じて「子育て」の
意味の深さを感じるようになる。その後フリーライターを経て第二子妊娠中の
2010年に幼稚園ママ3人でママ団体「スマイルママコム」を設立。
2012年スマイルママコム創業。
2014年株式会社スマイルママコム設立。
芳川ユミのおしごときっかけ図鑑はコチラ>>

ページ上部へ戻る