ママレポート有! 子どもの病気と体調不良一覧「手足口病」

症状

夏風邪の一種で、口の中や手足に発疹や小さい水ぶくれができるのが特徴です。3分の1程度に軽度の発熱が見られますが、発熱はあっても高くはなりません。口の奥に、数ミリくらいの小さい水を持った発疹ができ、やぶれて口内炎のようになります。さらに、手や足にも赤く盛り上がった小さい発疹や水ぶくれができる。おしりや膝にできることもある。
口の発疹は軽い痛みを伴うため、食事が摂れなくなることもありますが、手足の発疹には、痛みやかゆみはありません。発疹は、3〜7日で消え、通常、跡は残りません。

原因として複数のウイルスがあるため、何度でもかかることがあります。

かかりやすい年齢

4歳以下

感染経路・潜伏期間

感染している人との接触やつばなどの飛沫、便などから感染。

潜伏期間は、4〜6日。

診断・治療

症状で診断できます。ウイルスを抑えるための効果的な治療法はなく、発熱や痛みに対する治療のみです。また、発疹に塗り薬はありません。

登園・登校の目安

登園・登校の停止については、特に定められていないので、医師の指示に従ってください。基本的には、熱が下がって子どもが元気になればOKです。ただ、治ったあとも4〜5週間は便の中にウイルスが排泄されるため、感染を広げないように、手洗いうがいをしてください。

家での過ごし方

熱や発疹が出ても元気なら、家で安静にしましょう。手足口病は夏に多いのですが、口の中の発疹の痛みで、食欲不振になることも多く、脱水の危険があります。水分補給には注意しましょう。なるべく、柔らかい食べ物や牛乳など刺激の少ないものを与えるといいです。水分が摂れなくてぐったりしていたり、頭痛や嘔吐などの症状がある場合は、小児科を受診しましょう。

合併症

ごくまれに脳炎、心筋炎、無菌性髄膜炎などを発症する可能性があります。頭痛、吐き気、けいれん、高熱などの症状に注意してください。

たまに中耳炎や軽い下痢を併発することもあり。ただ、本来、そこまで重い病気ではなく、からだ全体にあたえる影響は鼻風邪程度のものです。

ママの体験レポート

体験レポート「熱が40.3度に!!」byさらママ
【かかった年齢】1歳2ヶ月のころ

【症状】38℃の発熱から始まり、そのまま熱はどんどん上がり、40.3℃に・・。翌日小児科を受診したところ、喉が少し赤い、左耳の鼓膜が真っ赤という症状はあったものの、咳や鼻水はありませんでした。この日は1日中、38℃後半から39℃前半の熱が続いていました。夜、肘や太もも、鼻の横に2mmくらいの赤い発疹を見つけ、翌朝小児科を受診。これ以降は熱は出ていません。発疹が少しずつ増え、背中の下からおしりの上、膝裏、ふくらはぎ、口の中にも出てきました。高熱が出たので、突発性発疹かなと思いましたが、発疹の形は手足口病の特徴と一致するということで手足口病と診断されました。その後数日で発疹も消え、跡は残りませんでした。

体験レポート「子どもは軽め。その後ママにかかり重症に」byすーママ
【かかった年齢】3歳、5歳、小4の12月

【症状】なんとなく学校から帰ってからだるい、といっていた娘。平熱よりやや高めの熱だったのですが、元気もあったのでそんなに気にしていなかったら、次の日、手の先に少しポツポツと発疹が。もしかして手足口病??と思って口の中を見てみたらイチゴ舌に!! 3歳、5歳の時にも手足口病にかかり、その時は高熱が出ましたが、大きくなると症状が軽くなるのかな?と思いました。娘は病院に行かずにいつの間にか良くなりましたが、後日私にうつってしまい、39度の熱とのどの痛さに2日間苦しみました。大人も免疫力が下がっているとかかるそうなので、看病の際はママも気をつけたほうがいいかも!

※症状は編集部調べです。個人差がありますので、同じ病名でも症状の出方が違うこともあります。

yuri

yuriスマイルママコム編集部ライター

投稿者プロフィール

専業主婦からママライターに転身。ママ向けメディアを中心に執筆。得意ジャンルは、バイリンガル子育て、育児、旅行など。2010年長女を出産。長女は、小2で英検2級を取得。新たにスペイン語に挑戦中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る