【ママレポ】ママ必読! 子育てに最適な家・・・本当にありました!

mitsuikaihatsu_web_banner201602-fai

スマイルママ会員子育てに最適な家てどんな家?

スマイルママ会員の角彩乃さん及川治香さんが「子育てに最適な家」について話しています。

ayanomama

彩乃ママ:まだまだ目が離せない年齢なので、ママが良くいる場所から子どもへの目が届くお家って理想だわ。キッチンに立っていても、リビングに居てもママの気配が感じられると子どもが安心するわよね。成長したら、リビングで宿題したりするようになると思うから、親子にとってリビングが心地よい空間になる設計だといいわね。

harukamama

治香ママ:本当ね。リビングは重要よね。私は、子どもがまだお昼寝をするから、その場所に良く困るの。ちょっとした畳があったらうれしいわ。しかも目の届くリビング内に(笑)。そうすればお昼寝の時も、おむつ替えするのにも便利よね。ひな人形や兜を飾る時にも畳があると便利よね!

ayanomama彩乃ママ:分かるわ~! 赤ちゃん時代は特にハイハイしたりして、床の生活が長いから、畳があるといいわよね。しかもハイハイしても安全なお家とかもあればいいんだけど(笑)。結構柱とか、角とかにぶつけると大人でも痛いわよね。コーナーに貼り付けるのとあるけど、お家が汚くなっちゃいそうでちょっと嫌だわ~! 

harukamama

治香ママ:お家の中ももちろん重要なんだけど、子どもがすぐ家の前であそべるようなスペースがあったら良いわよね。夏にはお家の前でプールなんかできたら最高! 家の中からバケツで水を汲むのは大変だから(汗)、水場が外にもあったらうれしいわね。車もすぐに洗えそうだし(笑)。

色々出てきました!! でも・・・
こんな条件、なかなか注文住宅でないと、無理・・・なのでしょうか??

ohana

実際に「子育てに最適なお家づくり」三井開発さん設計段階から取り組んでいる!とお聞きして、設計のプロ三井開発建築チーフデザイナー 設計室 ⽯坂さんにお話を伺ってみました!

設計室石坂様

ママたち:三井開発さんは子育て中のママ目線で「子育てに快適なお家づくり」をされているとお聞きしましたが、どのような取り組みをされているでしょうか?

石坂さん:三井開発では、まず「街」からイメージして設計しています。子育て中はご近所同士、ママ同士で支え合う場面が多くあります。そういったことも想定し「ご近所同士が仲良くなれるようなコミュニティづくり」を設計の段階から考えています。

ママたち:例えばどのようなことですか?

石坂さん:例えば、ご近所同士でちょっとしたお話ができるように、道路から一歩入った敷地内に空間を作ったり、子どもたちが安心してあそべる空間を中央に配置したりしています。

ママたち:そういった「コミュニケーションがとれる」空間をあえて作っているのですね!!

石坂さん:そういうことです。もちろん、内装に関しても、オリジナルでタオルハンガーがここにあったら、便利じゃないか、とデッドスペースを利用したタオル掛けや、安全・安心にお住まいいただけるように角にコーナーカバーを施したり、階段でとっさの時もすぐ手が届くように手すりを縦に設置したり・・・など、細かいところですが、あらゆるところに子育てママが快適で暮らせるような設計をしています。

ママたち:ママたちのこと、細部まで良く分かっていらっしゃいますね! まさに子育て中のママのために建てられているお家なのですね。

石坂さん:ママは家族の中心ですし、お家にいる時間が家族の中で1番長い場合が多いですからね! さらに子育てママが暮らしやすい設計を求め、実際に三井開発からお家を購入頂いたママたちにも、ヒアリングを重ねています。ママが快適に住めるよう、設計も進化し続けるために私たちも努力を惜しみません。

ママたち:ママ仕様になるために設計の方もママの声に耳を傾けてらっしゃるのですね!

ここまでママのことを思って設計に力を入れているとは!! 意図的に「ご近所付き合いが生まれるように町全体の空間づくり」から設計し、ママが快適に暮らせるよう外装から内装にいたるまで配慮し、実際にママたちにヒアリングされて設計しているのですね

ohana

そうお聞きしたからには・・・この目で直接見てみたい~!!
ということで、スマイルママ会員の角彩乃さん及川治香さんと「子育てに最適な家」を直接見学してきました! 

mitsui_mama_satte

point1

cocoiku_final

彩乃ママが求めていた親子にとってリビングが心地よい空間」がまさに! 三井開発んのお家に標準仕様で設置されているのがリビング脇のcocoikuコーナーcocoikuコーナーとは学習と片づけを子どもが自ら行いやすい空間「心の学習スペース」=『cocoiku-心育』と名付け、三井開発さんのお家には必ず設けられているスペースなのです。(cocoikuコーナーついての詳細はコチラ

お子さまの勉強コーナーとしてはもちろんのこと、ママのパソコンコーナーとしても、読書コーナーとしても家族にとっての心の憩いの場所になりそうですね! 併設の写真など並べられる棚もコーナーの一部です。 お客様の声を取り入れながら進化し続けているcocoikuコーナー。現在cocoikuコーナー「4」まであるそうですよ! シーズンプロムナード幸手ではcocoiku 採用しているとのことです! これからの進化も楽しみですね。


point2
towel設計室の石坂さん
がおっしゃっていた、
んと三井開発さんオリジナルの デッドスペースを利用したタオル掛けハンガーは、家族勢員のタオルがかけられる程の広々スペースが! 壁が有効活用されていてすごいアイディアです。なんとこちらも標準装備なのがうれしいですね!

 

point3kaidan安心・安全も子育てママには重要です。治香ママが一番感動した「階段の縦手すり」。これならとっさの時もすぐに手すりに手が届き安心ですね。子どもを抱っこしながらの階段の昇り降りもこれなら大丈夫!

 

point4 corner子どもを追いかけていて、角を打って足の指を痛めた…という方も少なくないのでは!?  三井開発さんのお家には標準で角に「コーナーカバー」が施されているので家族みんなに安心です! 細かいところまでママたちへの配慮が伝わってきますね。

point5
kitchen

美味しいお料理はキッチンから! 広々キッチンだと、お料理も楽しく作れそうですね! キッチンが広いと、親子や夫婦でのクッキングも楽しめそうです。収納もバッチリだから調理グッズも片付きます。コンセントがあるのもうれしいポイントですね!

 

point6patio

設計室の石坂さんの想いも入った「コミュニティ」がつくられる陽だまりパティオ。4棟の真ん中に位置する住居者だけの共有部分。子どもたちがあそんでいる様子が家の中からも見られるので安心ですね。

 

point7
washitsu

子どもがお昼寝するのにピッタリの和室もリビング内に!! 治香ママが懇願している畳スペース! キッチンからも目が行き届くので安心です。季節を感じられるスペースとしてお雛様や兜などを飾るにも丁度良いです!

point8garden

プールができたら最高! とまさに一軒家だったら欲しい設備。こんな野外のすてきな水洗い場もなんと標準装備。夏にはプールをしたり、車を洗ったり子どもが上履きを洗ったりする際にも便利ですね! ガーデニングも楽しめそうです。

 

子育てに最適な家本当にありました!

ayanomama

彩乃ママ:実際に、三井開発さんのお家を見学して、本当に細かいところまで子育てママのことを考えて設計されているのが分かったわ! cocoikuコーナー 子どもの成長とともに、勉強机になったり、ママのお仕事机になったりと多様な使い方ができそうなのも魅力的だったわね。

 

harukamama 治香ママ:何からなにまで魅力的だったわ(笑)! 見学してみると実際に体感ができるから、住んだ時のイメージもしやすいわよね。本当、畳コーナーもちょっとしたお昼寝に利用でそうだし、キッチンは広々としているし、標準仕様でここまでついているなんて、すばらしいわ! 三井開発さんのお家、ママ友にも教えたい! 

 

三井開発さんのお家は、建売住宅ですが、まさに注文住宅仕様でした!!
ぜひ、一度、お近くの「三井開発のお家」に見学に行って、実際に「ママにとって優しいお家」を体験してみてくださいね!

今回のママレポはコチラのお家を
レポートいたしました!↓↓↓
シーズンプロムナード幸手

三井開発さんではこのようなお家もご紹介しております!↓

三井開発アメニティ大宮土呂

三井開発シーズンプロムナード上尾

三井開発アメニティ上尾緑丘

三井開発さんのお家についての詳細情報は048-685-7771
または
「三井開発」で検索!!

mitsui_image_kensaku2

【ママレポ・現地レポート写真掲載中!!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
芳川ユミ

芳川ユミスマイルママコミュニティ編集長

投稿者プロフィール

スマイルママコミュニティ編集長。株式会社スマイルママコム代表。
小学生と幼稚園児2人のママ。第1子出産後、慣れない土地での孤独な子育てを経験。専業主婦を経て、子育て雑誌編集部にて仕事を始める。先輩ママや取材を通じ「子育て」の意味の深さを感じるようになる。その後フリーライターを経て第2子妊娠中の2010年にママ団体「スマイルママコム」を設立。2014年法人化。人生の幸せバランスを考える「ハッピーライフバランス」を提唱中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る