【ママレポ】その6☆『ママになって一皮むけた?瞬間』byスマイルママメイト

ママになって,スマイルママコム,ママメイト

私たちスマイルママコムは今年10周年イヤーを迎えました!

今年の活動テーマは『ママになって良かった』です。

 

 

今年はブログチームメンバーが一つのテーマ(お題)

沿った記事をリレー形式でお伝えしております!

「懐かしいな~」「そんな時があったなぁ~」と、子育てを振り返ったり、

「これからそんな時がやってくるのかな?」と未来を想像したり、楽しみにしたり、、、

そんな時間を作ってもらおうと、ブログ内容をこちらのページでも紹介することになりました。

遅ればせながら、このページを担当しますのはブログチームのRIEです。

宜しくお願いいたします。

 

 

第6回目のお題は

『ママになって一皮むけた?瞬間』

 

●ママメイト・エミさんの場合●

それは私が母として初めて決めた行動です。

里帰り出産をするほんの少し前に、切迫早産で緊急入院したんです。

それでも、実家に帰りたいと先生に言い続けてました。

やると決めたらやる!

そんな人生で我が道を思うまま(ワガママに⁈びっくり 生きてきたので

退院して福岡へ帰るつもりでした。

でも、助産師さんと話してて

命を、赤ちゃんを守るのは私の仕事!

母として何が一番いいのか考えなければ!!と

里帰り出産を諦めた瞬間が私の一皮むけた瞬間です^ ^

 

 

 

 

 

●ママメイト・ひらっちの場合●

三児の母になったとき

『~でなければ』をたくさん手放し♪

ママになる前より心が楽になった!です☆

子どもが三人なったとき、家事育児に費やす時間がまた増えて。

・今までできたことができない

・自分の時間が極端に減った

・忙しすぎる

・座っている間もない

『できない、~がない』外側にばかり意識が向いて

イライラ、もやもや。

それが、

『~でなければ』を手放してみたら楽チンになりました♪

 

 

 

 

●ママメイト・RIEの場合●

園や小学校で使っている「ナフキン」「巾着」、

そして、自宅で使っている「フキン」を

洗濯機で洗おうと決めた時!です(笑)

私、それまでずーっと、一枚一枚「手洗い」していたんです!

でも、近所で保育園の先生をしているママ友さんが

「私、平日は時間がないから一週間分まとめて週末に洗濯機で洗っているんだ!」

と言った時

「洗濯機で洗っていいんだーーー☆彡」

って、目の前が明るくひらけた気がしましたヽ(^。^)ノ(大げさ(笑))

その日以来、数日分まとめて洗濯機で洗うという生活が続いています。

手洗いしていたあの長い長い時間が(そんなに長くもないが。。)浮いたわけですから

家事負担軽減成功ヽ(^。^)ノ

 

ちなみに・・・

この話をつい最近ママ友さんたちにしたら

「手洗いなんて、すごすぎる!」と絶賛されたうえに、

他の洗い物とは別に洗っている我が家の事情を聞いて

「うちは普通の洗濯物と一緒に洗っているよ!!RIEちゃん、神すぎる!!」

と、これまた絶賛されました♪ なんだか、良い気持になりましたが(笑)

・・・

よく考えてみたら、世の中のママって賢いですよね。

手を抜ける部分、うまく抜いているんだな、と気づいたわけです。

私、丁寧にやりすぎている家事、まだまだ沢山あるので

もう一皮むけなければ・・・と思っております(爆)

 

 

 

●芳川ユミの場合●

初めての小児科で先生や看護師さんに
『お母さん』と呼ばれ、自覚した時です(笑)。

出産後すぐは「お母さん」呼ばれることに、

慣れない自分がいましたが、小児科で「お母さん、これはね」などと

言われると、くすぐったい気持ちで、改めて自分が母親になったのだ、と実感していました。

独身&ひとり身時代の自由だった日々とは真逆の状況。

医者に行った時に「お母さんと呼ばれている私」

を自覚することで、改めて「母親になった」ことを実感していました。

今では家族の前では自分のことを「ママはさ~」というほどまでに(笑)!

「私」から自分自身が「ママ」と自覚したこと

「ママになって一皮むけた」

ことだと思っています!

***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

いかがでしたか?「ママになって一皮むけた?瞬間」。

「一人の女性」であり、愛する人の「妻」であった私たちは、

子どもを授かることによって「ママ」にもなりました。

「ママ」になることによって、気持ちや行動の面で大きく変わったこと、

変わらねばならなかったことが、少なからず読者の皆さまのなかにもあったことと思います。

今まで通りの生活を維持しようと努力することも大切ですが、

家族が一人、二人と増えていくことにより、自分自身が変わっていかないといけない場合や

変わることによってラクになる部分も出てきます。

「ママ」って、そういう変化に対応できる能力があるのですよねー、凄いことだと思います!!

私たちが経験したことが、読者の皆さまの今後の生活の参考になればよいなと思います。

 

 

 

スマイルママコムでは、イベントや講座などに参加してくださったママたちが、

子育てで感じたこと、悩みなどを、気軽に話せたり共有できたりする場になれるよう

日々努めております。

ウェブ記事やブログなどでも、皆さまのお力になっていきたいです!

「子育て」が「孤育て」にならないように。

これからも「ママのHAPPYへのお手伝い」を続けていきます♡

今後もどうぞ、よろしくお願いします。

 

★★★★★毎日更新中♪ スマイルママコムブログ

こちら ⇒ https://ameblo.jp/smilemommies/ ★★★★★

 

 

 

次回のお題は「嬉しかった出産祝い」です。

お楽しみに☆彡

 

 

 

***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

 

 

 

スマイルママコム「ママのゴールデンタイムの充実」を目的に
2010年に芳川ユミが創立したママコミュニティーです。

イベントや講座開催、そしてママに役立つ情報発信を行ってまいりました。

長年続けているブログ活動も、イベント案内やお役立ち情報発信の場として

今なお続いております。

 

★★★★★ スマイルママコムブロ

こちら ⇒ https://ameblo.jp/smilemommies/ ★★★★★

 

 

 

 

投稿者プロフィール

稲田理恵
稲田理恵
自分の“好き”を生活に取り込み、毎日明るく楽しく過ごすことがモットー。アンテナ高く張り巡らせて、お得でHAPPYな生活を目指しています。
やんちゃな二人の男の子のママ。年齢に負けない、好奇心いっぱいの、自称パワフルマミーです♡
◇さいたま市「親の学習ファシリテーター」取得。
◇小学校では「読み聞かせ」ボランティアをしています。
稲田理恵

稲田理恵スマイルママコミュニティー編集部

投稿者プロフィール

自分の“好き”を生活に取り込み、毎日明るく楽しく過ごすことがモットー。アンテナ高く張り巡らせて、お得でHAPPYな生活を目指しています。
やんちゃな二人の男の子のママ。年齢に負けない、好奇心いっぱいの、自称パワフルマミーです♡
◇さいたま市「親の学習ファシリテーター」取得。
◇小学校では「読み聞かせ」ボランティアをしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る