第1回 お家購入を考えたら、まずすべきこと

「いつかお家を買いたい~!」と思っているママは多いはず。

でも、何からしたらいいんだろう??
まずは、お金を貯めることから??

お家は一生のうちでも大きなお買い物。絶対に失敗したくない!

ということで、お家購入を考えたら、まず何をすべきか」について

お家に関する事のスペシャリスト、住まい選びのナビゲーター

株式会社無添加計画の瀬野剛史さんにお聞きしました!
ph_takeshi_seno_large01

「我が家のライフプラン」が必要

お金のお医者さん、ともいわれる

ファイナンシャルプランナーの資格を持つ瀬野さんによると、

購入予定が新築、中古でも、一戸建て、マンション、注文住宅でも、すべてに共通するのは

「まずは家族のライフプランを考えてみる事」とのこと。

それは今後のプランによって、″一生涯”でお家に使えるお金が決まる

という意味からだそう。

瀬野さんのお話で改めて「なるほど!」と思ったのは、

「各ご家庭ごとに『収入・支出』が違うので、お家に使えるお金も違う」

ということ。例えば・・・

●お子さんがおひとりと、3人いるのとでは、違う

●奥様が専業主婦、お仕事をされているご家庭とでは、違う

●お子さんが大学まで国公立なのと、中学校から私立なのでは、違う

●貯金が0のご家庭と、1,000万円貯金があるご家庭では、違う

という違いがあります。

収入と支出が各家庭によって違うので、おのずと、

各家庭によってお家にかけられるお金が違ってくる、ということです。

「ママ友のお家選び情報」は参考程度までに

仲の良いママ友も、世帯収入は違います。また、子どもにかけようと思うお金も違うでしょう。

だから、瀬野さんからは、ママ友の「お家選び情報」は、参考までには聞いてみても、

決して自分と同じ、とは思わないことが大切です、というアドバイスが。

その後のそのご家族の生活、ライフプランを考えずに、源泉徴収だけを見て、

計画するローンは、単なる返済計画で、本来の資金計画とは違います。

一生涯の住宅費用という視点で、ライフプランから考えて、

住宅ローン相談、資金計画をする不動産業者さん、建築業者さん、金融機関関係者は、

まだまだ少ない、と瀬野さん。

無添加計画さんでは、

「その方のその後の人生も大切なので、弊社では、まずその方の
ライフプランをお伺いします」

とのこと。

住宅ローンのために、共働きで働かざる負えない・・・

という方も少なくありません。

ライフプランを考えることは、お家購入の上で、とても大切

だということが分かりました。

「お家に関するライフプラン」はプロに相談を

保険に入る際に、はじめて「ライフプラン」を考えた、という方も多いと思います。

お家は人生最大のお買い物。

お家購入を考えたら、「お家に関するライフプラン」を得意とする

ファイナンシャルプランナーにご相談するのがおススメです。

無添加計画も「ライフプランのご相談を受け付けています」

無添加計画さんでも一戸建てを考えている方向けに「ライフプランのご相談」

受け付けているそう。体に優しく、人にも優しい無添加計画さんなら、

親身になってお家の相談ができそうですね。

ご興味ある方は、コチラ↓からお問合わせください。

ttl_form01

 

今回の内容はいかがでしたか?

次回は「理想なお家像をイメージすることの重要性」についてお届けいたします!

 

 ●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●ー●
身体に優しいお家「無添加計画」さんの情報はコチラ
ホームページはコチラ>>

「無添加計画」さんの身体に優しい天然素材のお家が
気になる方は「資料請求」をどうぞ!

 

「無添加計画」さんのお家についてもっと学べる
セミナーについて気になる方は「セミナー情報」へどうぞ!

 

無添加計画」さんのお家を実際に体験してみたい方は
住まいの「見楽会」(埼玉地区)へどうぞ!


kansei-74-5kansei-top kansei-725-26

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
芳川ユミ

芳川ユミスマイルママコミュニティ編集長

投稿者プロフィール

スマイルママコミュニティ編集長。株式会社スマイルママコム代表。
小学生と幼稚園児2人のママ。第1子出産後、慣れない土地での孤独な子育てを経験。専業主婦を経て、子育て雑誌編集部にて仕事を始める。先輩ママや取材を通じ「子育て」の意味の深さを感じるようになる。その後フリーライターを経て第2子妊娠中の2010年にママ団体「スマイルママコム」を設立。2014年法人化。人生の幸せバランスを考える「ハッピーライフバランス」を提唱中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る